2023年8月30日アップデート作業のお知らせ

平素は弊社サービス「loioz」をご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、サービスの機能改善、機能アップデートに伴うシステムメンテナンスを実施させていただきます。
お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

システムメンテナンス作業日時について

日付
2023年8月30日(水)
時間
19時~21時
留意事項
リリース作業に伴い、リリース日当日19時~21時の間は、サービス停止が発生いたします。

リリース内容につきましては、以下にてご紹介いたします。

アップデート概要

インボイス制度導入後の立替金処理(預り金からの支出を含む)の対応に基づき、【預り金/実費】画面の出金データに税区分の項目を新設いたします。

本ページでは、アップデートによる仕様変更点をご説明します。

インボイス制度における立替金処理(預り金からの支出を含む)の概要

依頼者が仕入税控除を受けるためには、経費明細書が必要です。

機能の変更点

1.[預り金/実費]画面の出金データに税区分の項目が新設されます。

「預り金/実費」画面に登録する出金データを登録する際に、税区分(課税/非課税/対象外)が選択できるようになります。

※入金データは、[ハイフン]もしく[対象外]のみ選択することが可能です。

-変更後の画面イメージ

2.利用頻度の高い実費の税区分をマスター定義することができます。

「事務所情報の設定」>「会計設定」にて、出金項目の税区分をマスターデータとして設定することができます。

※[事務所情報の設定]画面は、管理者のみ操作することができます。

(1)マスターデータに対する税区分のデータ反映について

データマスターの初期値として提供している次の項目は、アップデートのタイミングで税区分の値が自動反映されます。

※自動反映された税区分は、お客様側の操作で任意の税区分に変更することが可能です。

(2)既に登録されている出金データの取り扱い

各案件の「預り金/実費」画面に登録されている出金データの税区分を空欄となります。

3.実費明細書の帳票名が”経費明細書”に名称変更されます。

「請求書」および「精算書」に添付可能な”実費明細書”の帳票名が”経費明細書”に名称変更されます。

また、帳票上に「税区分」の列が新設されます。